サプリメントの種類

サプリメントは同じ栄養素でも種類はたくさんあります。色々飲み比べてみるのも良いでしょう。

 

サプリメント種類

様々な形状

サプリメントは例えば同じビタミンでも錠剤、カプセル、粉末、液体・・・と種類がたくさん出ています。ミネラルやコラーゲンなど栄養素によっては独特の臭いがあるので臨機応変に形状を変えて飲むと良いでしょう。

サプリメントの形状一覧

サプリメントの形状によってメリットデメリットがあるので目的に応じて飲み分けましょう。

錠剤
(タブレット)
サプリメントといえば錠剤タイプが一番主流で、錠剤は液体や粉末より長期保存に適している。栄養素そのものの臭いがする錠剤は飲みにくいとされている。大きさによっては飲み込みにくいこともある。
チュアブル 噛んで体内に摂取するタイプ。水無しで飲める手軽さもありがたい。甘い味がするものが多いのでその分糖質が施されている。
カプセル 錠剤と同じく保存に適している。錠剤で飲みにくいとされる場合はカプセルが飲みやすい。ただし口の中でカプセルが張り付くなど難点もある。
粉末(粒状) パウダータイプなので水に溶けやすいため効果が早いという点が嬉しい。添加物が使用されていないものが多く安心して飲める。ただし味によっては飲みにくく感じたりする。
液体 即効性があるのですが他のタイプと比べると単価は高くなる。飲みやすくするために糖質が施されている。
ゼリー デザート感覚で小腹が空いた時などにおやつ代わりになる。液体と同じく単価が高く、糖質が含まれている。
ソフトカプセル ゼラチンでコーティングされている。見た目が美しく通常のカプセルより飲み込みやすい。