カリウム

人間の体の細胞内液の殆どにカリウムは含まれています。カリウムは生命維持に必要な栄養素です。

 

食品に多いが不足しがちなカリウム

効果

カリウムは私たちが生存していく上で欠かせないミネラルです。夕方以降にブーツが入らない、足がむくんでしまっているなどありませんか?女性の9割以上がむくみに悩んでいると思われます。カリウムには余分な塩分と水分を利尿する働きもありむくみにくくなるためダイエットに向いているサプリメントと言えるでしょう。また骨密度を増加し脳卒中の予防にも繋がります。
カリウムが欠乏している場合は様々なトラブルが表れます。カリウムが不足すると起こる症状は 不整脈、糖尿病、食欲不振、便秘、疲労、心停止、むくみ、肌荒れなどがあり、ダイエットの効果を妨げてしまいます。
ダイエットをする上でも、生存していく上でもカリウムは非常に重要なミネラルであることが言えます。

副作用

カリウムは多く摂取しても特別な副作用は無いようです。ただし、カリウムは血圧低下の作用があり、高血圧の方は問題ないですが元々低血圧の方が取りすぎると血圧を下げてしまいます。

飲み合わせと摂取方法

カリウムの1日の所要量は2000mgで、特に上限はありません。ストレス、下痢、アルコール、カフェインなどがカリウムを減らしてしまうし、多くの食品にも含まれている成分なので日常生活で十分摂取できている方もいらっしゃいます。

カリウムの多い食品

バナナ
アボガド
ほうれん草
メロン
豆類
魚類
多くの食品にカリウムは含まれています。しかしカリウムは環境汚染や加工食品が増えたため食品から摂取するのも難しい上に、なんとストレスによっても減ってしまう成分なのです。

>>カリウムの口コミ